税金

副業の確定申告の要・不要は年間所得20万が境界線!稼ぎたい会社員の常識!

今や企業の正社員でも副業を始めないと将来に不安を覚えてしまう時代となりました。国が副業を促すような政策を打ち出している現状もあるなか、会社員が副業で所得を増やすことが当たり前になる日は近いかもしれません。そこで今回は副業で確定申告をしなければならないケース・確定申告しなくてもいいケースについてわかりやすく解説します。
不動産投資

不動産投資には保険代わりプラスαの魅力あり!メリットとリスク解説

コロナ禍や長引く不況の影響を考えれば、お金の備えに不安を感じてしまうという方は少なくないでしょう。近ごろでは、万一の時に生命保険代わりとなる「不動産投資」を始める会社員が増加していることをご存じでしょうか?今回は、不動産投資が生命保険の代わりとなる理由や、保険以上に得られるさまざまなメリット、さらには不動産投資のリスクとリスク対策についてわかりやすく解説します。
税金

サラリーマンでも計上可能な経費とは?特定支出控除の現実と真の節税対策

サラリーマンであっても、「必要経費を計上して節税することができれば助かる」と考える人は少なくないでしょう。今回はサラリーマンに経費の計上は可能なのかどうかを解説します。サラリーマンの経費を語るうえで欠かせない「特定支出控除」の現状についてもわかりやすい言葉で解説しますので、ぜひ参考にしてください。
資産運用

資産運用で結果を出したいなら、本業の労働に集中すべき理由

世界的なベストセラー「21世紀の資本」(みすず書房)が発売されてから約8年。トマ・ピケティが提唱した「所得成長率<資本収益率」という考え方が広がり、「労働=むくわれない」「資産運用=効率がよい」という意見も目立つようになりました。しかし、...
資産運用

日本人の平均生涯所得とは?人生100年時代にお金を増やすためにできること

いつのまにか人生100年時代などといわれるようになった現代ですが、会社員にとって不安なのは、いつまで働かなければならないのかということではないでしょうか?また、生涯どれくらいの所得を稼げば老後安心して暮らしていけるのかも知っておきたいところです。今回は日本人の平均生涯所得とお金の増やし方について解説します。資産運用の重要性が身にしみる昨今です。ぜひ参考にしてください。
不動産投資

人生100年時代は人的資本が重要!金融資産と両立するには不動産投資が最適な理由

人生100年時代が現実味を帯びて来たため「老後にたくさんのお金が必要」「保険や株式などの金融資産で資産運用をしないといけない」と考える人が増えています。たしかに金融資産は大事です。しかし金融資産だけにとらわれていると資産形成がうまく進まな...
不動産投資

不動産投資は損益通算でサラリーマンにも節税可能!手堅い投資をしたい人必見

不動産投資で得た所得は不動産所得となります。サラリーマンで給与所得を得ている場合、給与所得の課税対象額を少しでも減らすことができないものかと考えるのは当然かもしれません。そこで、これらの所得を有する人が節税として使えるのが「損益通算」という制度です。不動産所得と会社からの給与所得は所得の種類は異なるものの、総合課税といってそれぞれの所得を合算して税金を計算する仕組みになっています。そこが、不動産投資に節税効果があるといわれるゆえんです。このほかにも不動産投資をしていることで将来の相続でも節税効果が期待できます。今回は、手堅い投資として知られる不動産投資について、会社員が損益通算を通じて節税できる仕組みなどについて解説します。
資産運用

「老後に2,000万円」は本当に必要?あなたがとるべき対策は

「定年までにいくら貯めたいですか?」こう聞かれて、すぐに答えられる人は少ないでしょう。老後の生活に必要な貯金額を知れば、より安心できる人生計画が立てられますが、そのためにはちょっとした計算が必要です。正しい老後資金の考え方を身に付けましょ...
不動産投資

不動産投資における成功の秘訣。管理会社次第で大きな差が生まれる

不動産投資では、物件を取得するまでは、手間も時間もかかる半面、信頼できる管理会社を見つけて、管理業務を任せてしまえば、そのあとはオーナーのやるべきことは少なく、運用も安定するといわれています。それはなぜなのでしょうか。 自己管理の場...
資産運用

「100年人生が当たり前」の時代に突入。老後生活の常識はどう変わる?

書籍・CM・イベントなど、さまざまなシーンで「人生100年時代」のキーワードに出会う機会が多くなりました。「人生100年時代」が時代を読み解くキーワードとして注目されたのは、『LIFE SHIFT』という一冊の本がきっかけ。この本で示され...
資産運用

資産形成や投資で失敗してつくった借金 夫や妻に返済義務はどこまである?

連帯保証人になっている場合を除き、配偶者の借金を返済する義務はいりません。このことを理解していれば、夫婦のダブル口座で資産形成・投資することがリスク回避になることがわかります。詳しく解説していきます。 老後のための資産形成で資産を減...
資産運用

人生100年時代のデキュミュレーション

人生100年時代といわれ始め、さらにいわゆる「老後2,000万円不足」問題が金融庁ワーキンググループから発表されました。これをきっかけに多くの国民が資産運用の重要性に気づき、ようやくNISA口座開設などに動き始めました。では人生100年時...
資産運用

お金の置き場所を3つ!資産運用の基本的分類の仕方

「老後に2,000万円が不足する」という金融庁ワーキンググループの報告書によって、資産運用に対する関心が一気に高まったようです。子どもの教育資金や住宅資金、そして安心して余生を過ごすための老後資金といったお金を貯めるためには、いろいろな方...
不動産投資

「豊かな老後」を実現するための不動産投資

年金財政が逼迫、将来的には年金支給額が減少するのではないかといわれています。現在でも決して十分とはいえない状況の中、今後は公的年金だけではとても老後の生活を支えることはできません。それだけに現役のうちから、自助努力によって私的年金を確保し...
資産運用

「豊かな老後」を実現するための不動産投資

年金財政が逼迫、将来的には年金支給額が減少するのではないかといわれています。現在でも決して十分とはいえない状況の中、今後は公的年金だけではとても老後の生活を支えることはできません。それだけに現役のうちから、自助努力によって私的年金を確保し...
資産運用

確定拠出年金加入者の離職・転職に伴うポータビリティとは

2019年から「老後生活資金が2,000万円不足する」といった問題が浮上し、政争の具として扱われています。老後の生活資金は、各世帯のライフスタイルによってまちまちです。そのため、2,000万円という数字が独り歩きしてしまった感は拭えないで...
資産運用

企業型・個人型確定拠出年金の違いとは

公的年金を補完する手段として、確定拠出年金が注目されています。公的年金だけで人生100年時代を過ごすには心もとないこと、確定拠出年金を使って税制上のメリットを最大限生かせること、長期積立に適していることなどが、その理由です。 しかし...
不動産投資

兼業不動産投資家に最も向いている職業は?

兼業不動産投資家というのは、会社員や自営業など他に本業を持ちつつ不動産投資に取り組んでいる人のことです。本業の先行きに不透明感や危機感を持っている人にとって最初に仕組みを作ってしまえば、以後は不動産の賃料収入という不労所得に近い副収入源を...
資産運用

公務員こそ資産形成を積極的にするべき理由

日本人は世界でもトップクラスの長寿ですが、近年さらに最高齢を更新し続けています。2017年の平均寿命は、女性87.26歳、男性81.09歳。この平均寿命は今後も延びる見通しです。人生100年時代の到来は人生を長く謳歌できる一方、定年が早い...
資産運用

お金持ちの考え方に学ぶ 借金をしてリターンを得る資産運用とは?

お金持ちであれば手元キャッシュをたくさん持っている……そんなイメージは強くありませんか。しかし実際には「手元キャッシュを置かない」「積極的に借金をする」ことを主義とするお金持ちもいます。そこで今回はお金持ちが手元現金をあまり持たず積極的に...
税金

サラリーマンの節税術。医療費控除は“家族の”入院費・通院費・薬代も対象になる

医療費をほとんど使っていないから医療費控除は関係ない……こんな風に感じる方もいるかもしれません。しかし、医療費控除はご自身の分だけでなく(同じ生計で暮らす)子供や老齢の親など親族のために払った分も含まれます。家族みんなの医療費を合算すれば...
不動産投資

新築区分マンション選びの必要情報が満載の物件カタログ読解術

新築区分マンションによる不動産投資を始める際に、注目したいものがあります。それは、物件カタログです。中古物件にはない新築ならではの情報源なので、これを活用しない手はありません。新築区分マンションを比較検討する際に、カタログのどこに注目すべ...
資産運用

投資と投機の違いとは?安心できる資産運用ってあるの?

資産運用に関心はあるが、失敗が怖い……。「人生100年時代」「足りない老後資金」「貯蓄から投資へ」など、世の中ではお金についての不安をあおる言葉が飛び交っています。給料や年金だけに頼らない収入を得ることの重要性は、これからさらに増していく...
資産運用

20~40代の資産形成層にぴったりな金融資産の増やし方

20~40代は、就職、結婚、子育てなど人生のビッグイベントに直面する世代と言えます。しかし、従来の20代前半で学ぶ期間が終わり、40年間働き、60~65歳で定年を迎え、老後生活を過ごすといった3つに区切られた生活パターンばかりではありませ...
税金

認知症に対応するための家族信託の基本的考え方

日本の高齢化に伴い、認知症になる確率は年々増加の一途をたどっています。内閣府が発表した、平成29年版高齢社会白書によると、高齢者の新体力テストの結果は、年々向上していますが、それと同じく認知症を発症している人の数も増えています。例えば、2...
不動産投資

忙しい人ほど資産形成に新築マンションがおすすめな理由

老後資金の確保に向けた自助努力の必要性が叫ばれています。なんとなく将来に不安を抱えているものの、「忙しくてそこまで手が回らない」という人は多いでしょう。 新築マンションは、そういう人にこそおすすめできる資産形成の手段です。本稿ではその理由...
不動産投資

目標に合わせて投資を行う逆算の資産形成「ゴールベース・アプローチ」

老後資金の不安などから「資産形成をしたい」と考える人が増えていますが、実際には長期間の資産形成を継続できない人は少なくありません。原因として挙げられるのが「目標を定めずに投資を始めてしまうこと」です。こうした“やみくも投資”を防ぐには一体...
不動産投資

そろそろ生命保険……と思ったら投資用マンションを検討した方がいいワケ

マンション投資をはじめた理由として「生命保険機能」を挙げる方は多いです。なぜ不動産が生命保険代わりになるのでしょうか?ここでは、生命保険と比較した場合のコストパフォーマンス、実際にマンションを買う場合のポイントなどについて学んでいきます。...
資産運用

そろそろ生命保険……と思ったら投資用マンションを検討した方がいいワケ

マンション投資をはじめた理由として「生命保険機能」を挙げる方は多いです。なぜ不動産が生命保険代わりになるのでしょうか?ここでは、生命保険と比較した場合のコストパフォーマンス、実際にマンションを買う場合のポイントなどについて学んでいきます。...
不動産投資

不動産投資は何にお金がかかる?「初期費用」から「各種税金」を総まとめ

不動産投資をはじめるときには様々な初期費用がかかります。特に大きいのが「税金」です。税金は、マンションの購入時だけでなく、保有時や売却時にもかかります。この記事では、不動産投資にかかる費用や税金に関し、徹底的に解説します。 不動産投...
資産運用

資産運用で結果を出したいなら、本業の労働に集中すべき理由

世界的なベストセラー「21世紀の資本」(みすず書房)が発売されてから約8年。トマ・ピケティが提唱した「所得成長率<資本収益率」という考え方が広がり、「労働=むくわれない」「資産運用=効率がよい」という意見も目立つようになりました。しかし、...
資産運用

日本人の平均生涯所得とは?人生100年時代にお金を増やすためにできること

いつのまにか人生100年時代などといわれるようになった現代ですが、会社員にとって不安なのは、いつまで働かなければならないのかということではないでしょうか?また、生涯どれくらいの所得を稼げば老後安心して暮らしていけるのかも知っておきたいところです。今回は日本人の平均生涯所得とお金の増やし方について解説します。資産運用の重要性が身にしみる昨今です。ぜひ参考にしてください。
資産運用

「老後に2,000万円」は本当に必要?あなたがとるべき対策は

「定年までにいくら貯めたいですか?」こう聞かれて、すぐに答えられる人は少ないでしょう。老後の生活に必要な貯金額を知れば、より安心できる人生計画が立てられますが、そのためにはちょっとした計算が必要です。正しい老後資金の考え方を身に付けましょ...
資産運用

「100年人生が当たり前」の時代に突入。老後生活の常識はどう変わる?

書籍・CM・イベントなど、さまざまなシーンで「人生100年時代」のキーワードに出会う機会が多くなりました。「人生100年時代」が時代を読み解くキーワードとして注目されたのは、『LIFE SHIFT』という一冊の本がきっかけ。この本で示され...
資産運用

資産形成や投資で失敗してつくった借金 夫や妻に返済義務はどこまである?

連帯保証人になっている場合を除き、配偶者の借金を返済する義務はいりません。このことを理解していれば、夫婦のダブル口座で資産形成・投資することがリスク回避になることがわかります。詳しく解説していきます。 老後のための資産形成で資産を減...
資産運用

人生100年時代のデキュミュレーション

人生100年時代といわれ始め、さらにいわゆる「老後2,000万円不足」問題が金融庁ワーキンググループから発表されました。これをきっかけに多くの国民が資産運用の重要性に気づき、ようやくNISA口座開設などに動き始めました。では人生100年時...
資産運用

お金の置き場所を3つ!資産運用の基本的分類の仕方

「老後に2,000万円が不足する」という金融庁ワーキンググループの報告書によって、資産運用に対する関心が一気に高まったようです。子どもの教育資金や住宅資金、そして安心して余生を過ごすための老後資金といったお金を貯めるためには、いろいろな方...
資産運用

「豊かな老後」を実現するための不動産投資

年金財政が逼迫、将来的には年金支給額が減少するのではないかといわれています。現在でも決して十分とはいえない状況の中、今後は公的年金だけではとても老後の生活を支えることはできません。それだけに現役のうちから、自助努力によって私的年金を確保し...
資産運用

確定拠出年金加入者の離職・転職に伴うポータビリティとは

2019年から「老後生活資金が2,000万円不足する」といった問題が浮上し、政争の具として扱われています。老後の生活資金は、各世帯のライフスタイルによってまちまちです。そのため、2,000万円という数字が独り歩きしてしまった感は拭えないで...
資産運用

企業型・個人型確定拠出年金の違いとは

公的年金を補完する手段として、確定拠出年金が注目されています。公的年金だけで人生100年時代を過ごすには心もとないこと、確定拠出年金を使って税制上のメリットを最大限生かせること、長期積立に適していることなどが、その理由です。 しかし...
資産運用

公務員こそ資産形成を積極的にするべき理由

日本人は世界でもトップクラスの長寿ですが、近年さらに最高齢を更新し続けています。2017年の平均寿命は、女性87.26歳、男性81.09歳。この平均寿命は今後も延びる見通しです。人生100年時代の到来は人生を長く謳歌できる一方、定年が早い...
資産運用

お金持ちの考え方に学ぶ 借金をしてリターンを得る資産運用とは?

お金持ちであれば手元キャッシュをたくさん持っている……そんなイメージは強くありませんか。しかし実際には「手元キャッシュを置かない」「積極的に借金をする」ことを主義とするお金持ちもいます。そこで今回はお金持ちが手元現金をあまり持たず積極的に...
資産運用

投資と投機の違いとは?安心できる資産運用ってあるの?

資産運用に関心はあるが、失敗が怖い……。「人生100年時代」「足りない老後資金」「貯蓄から投資へ」など、世の中ではお金についての不安をあおる言葉が飛び交っています。給料や年金だけに頼らない収入を得ることの重要性は、これからさらに増していく...
資産運用

20~40代の資産形成層にぴったりな金融資産の増やし方

20~40代は、就職、結婚、子育てなど人生のビッグイベントに直面する世代と言えます。しかし、従来の20代前半で学ぶ期間が終わり、40年間働き、60~65歳で定年を迎え、老後生活を過ごすといった3つに区切られた生活パターンばかりではありませ...
資産運用

そろそろ生命保険……と思ったら投資用マンションを検討した方がいいワケ

マンション投資をはじめた理由として「生命保険機能」を挙げる方は多いです。なぜ不動産が生命保険代わりになるのでしょうか?ここでは、生命保険と比較した場合のコストパフォーマンス、実際にマンションを買う場合のポイントなどについて学んでいきます。...
資産運用

年金に不安を感じているなら覚えておきたい「マクロ経済スライド」

「将来、公的年金だけでは心配だ」「年金制度が崩壊するのではないか」など不安を感じているビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。しかし現実は公的年金を持続可能なものにするための取り組みが国主導で進められています。そのうちの一つが「マクロ...
資産運用

投資の世界の経験則、「アノマリー」を知って相場予測の精度を上げる

株式やFXなど値動きによる利益(キャピタルゲイン)を狙う投資には、主に「テクニカル(チャート)分析」「ファンダメンタル分析」という2つの分析手法があります。これらに加えて「アノマリー」という分析手法があることをご存じでしょうか。実はこのア...
資産運用

ビル・ゲイツも注目!「無形資産」を知ると株投資がしやすくなる

ビル・ゲイツ氏は、感染症のパンデミック(世界的大流行)を2015年の段階で警告していたことで、その“先見の明”が再評価されています。そんな彼が「世界経済最大のトレンド」と表現したのが「無形資産」です。本記事では、無形資産とは具体的に何かを...
資産運用

長期投資ができる人とできない人がいるのはなぜ?

資産運用のスタイルをひとつの商品への投資から終了までの期間によって分けた際、長期投資と短期投資に区別して考えることができます。資産を形成するという観点から見たら、有利なのは前者のほうといえるかもしれません。しかし、後者のスタンスで爆発的に...
資産運用

日本人の平均的な生涯所得、生涯支出と資産運用が重要な理由

ロンドン大学のリンダ・グラットン教授による、人生100年時代の生き方を指南する「ライフシフト」が大きな話題を呼んだのは記憶に新しいかもしれません。今までの20歳代前半までの教育期間、その後の20中盤~60歳までの働く期間、そしてその後年金...
資産運用

年金制度の歴史と今、年金不足分のカバーに最適な「マンション投資」

気になる人も多い「年金」ですが、日本の年金制度はどのようにして誕生したのでしょうか。2019年6月には「老後資金が2,000万円不足する」という問題が露呈され、改めて年金について考えるべき時代になっています。老後を安心して暮らすために年金...
資産運用

社会的利益と金銭的リターンの両立を目指す「インパクト投資」の基本と展望

2020年2月中旬~3月中旬にかけて世界の株式市場は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い「コロナショック」に見舞われ、社会や経済に多大なダメージをもたらしました。新習慣を余儀なくされている中で投資に対する考え方にも変化が起きています。投資と...
資産運用

コロナ禍で開設殺到のNISA みんなは実際にどう使っている?

新型コロナウイルスのまん延によって将来的な不安を感じたことで、資産運用を本気で考える人が急増傾向です。投資先の選択肢の一つがNISA(少額投資非課税制度)で、ネット証券を中心に口座開設者が殺到しています。そこで今回はNISAの勢いを数字で確...
資産運用

予算内で分散投資ができる「テーマ株投資」はメリットが多くコスパも良い

リスクの少ない資産運用の基本は「分散投資」です。良く言われる例えが、「卵は一つのカゴに盛るな」です。卵を一つのカゴに入れておくとカゴを落としたら全てが割れてしまうが、いくつかのカゴに分けておけばすべての卵を割ってしまうことは避けられるという...
資産運用

会社員が働けなくなったときに役立つのはどちら?就業不能保険VS不動産投資

働けなくなったときの家計に不安があるなら、元気なうちにそれをカバーする手を打っておくと安心です。選択肢としては就業不能保険と不動産投資があります。今回は両者の特徴・共通点・違いについて解説していきます。 働けなくなったとき、障害年金だけでは...
資産運用

一度は要確しておこう!拡充する団体信用生命保険の保険範囲

一般的に、住宅ローンを組む場合は団体信用生命保険(以下、団信)に加入します。保険金が支払われる条件は基本的に死亡や所定の高度障害ですが、がんや三大疾病などまでカバーするものも増えています。あらためて、団信の商品内容と保障範囲を見ていきましょ...
資産運用

老後資金の平均は5,304万円以上?足りないと思った方が不安を解消する方法

「老後資金はいったいいくらあれば安泰なのか?」 これらは多くの方が漠然と抱いている疑問であり、不安ではないでしょうか。2019年6月に提出された金融庁の諮問機関による報告書には「老後資金が2,000万円不足する」と記載されていたことが衝撃...
資産運用

ビジネスマンが定年前後に考えるべき不動産の小型化

賃貸派か、持ち家派かは、いささか旧聞に属する議論ですが、ライフプラン作成においては、とても重要です。筆者はFPとして、これまでたくさんクライアントのライフプランを作成してきましたが、老後のキャッシュ・バーン、すなわち老後資金がなくなるタイミ...
資産運用

何から投資を始めるか?株式投資と投資信託 手間とコストとリターン等を紹介

投資に興味はあるけれど、なかなか第1歩が踏み出せない……そんな方に理由を聞くと以下のような答えが返ってくるようです。 1.難しくてよくわからないから 2.預金と違って、損をするかもしれないから 3.お金を持っている人がやることだから 1...
資産運用

若いビジネスマンの〇割が投資をしている時代。まだ投資をしていないの?

投資をはじめたいけど、きっかけがつかめない……そんな若い世代のための記事です。ビジネスマンを対象にした調査では、20代、30代の多くがすでに投資をしているという結果になりました。加えて、投資には「早くはじめるほど有利になる」という側面もあり...
不動産投資

不動産投資には保険代わりプラスαの魅力あり!メリットとリスク解説

コロナ禍や長引く不況の影響を考えれば、お金の備えに不安を感じてしまうという方は少なくないでしょう。近ごろでは、万一の時に生命保険代わりとなる「不動産投資」を始める会社員が増加していることをご存じでしょうか?今回は、不動産投資が生命保険の代わりとなる理由や、保険以上に得られるさまざまなメリット、さらには不動産投資のリスクとリスク対策についてわかりやすく解説します。
不動産投資

人生100年時代は人的資本が重要!金融資産と両立するには不動産投資が最適な理由

人生100年時代が現実味を帯びて来たため「老後にたくさんのお金が必要」「保険や株式などの金融資産で資産運用をしないといけない」と考える人が増えています。たしかに金融資産は大事です。しかし金融資産だけにとらわれていると資産形成がうまく進まな...
不動産投資

不動産投資は損益通算でサラリーマンにも節税可能!手堅い投資をしたい人必見

不動産投資で得た所得は不動産所得となります。サラリーマンで給与所得を得ている場合、給与所得の課税対象額を少しでも減らすことができないものかと考えるのは当然かもしれません。そこで、これらの所得を有する人が節税として使えるのが「損益通算」という制度です。不動産所得と会社からの給与所得は所得の種類は異なるものの、総合課税といってそれぞれの所得を合算して税金を計算する仕組みになっています。そこが、不動産投資に節税効果があるといわれるゆえんです。このほかにも不動産投資をしていることで将来の相続でも節税効果が期待できます。今回は、手堅い投資として知られる不動産投資について、会社員が損益通算を通じて節税できる仕組みなどについて解説します。
不動産投資

不動産投資における成功の秘訣。管理会社次第で大きな差が生まれる

不動産投資では、物件を取得するまでは、手間も時間もかかる半面、信頼できる管理会社を見つけて、管理業務を任せてしまえば、そのあとはオーナーのやるべきことは少なく、運用も安定するといわれています。それはなぜなのでしょうか。 自己管理の場...
不動産投資

「豊かな老後」を実現するための不動産投資

年金財政が逼迫、将来的には年金支給額が減少するのではないかといわれています。現在でも決して十分とはいえない状況の中、今後は公的年金だけではとても老後の生活を支えることはできません。それだけに現役のうちから、自助努力によって私的年金を確保し...
不動産投資

兼業不動産投資家に最も向いている職業は?

兼業不動産投資家というのは、会社員や自営業など他に本業を持ちつつ不動産投資に取り組んでいる人のことです。本業の先行きに不透明感や危機感を持っている人にとって最初に仕組みを作ってしまえば、以後は不動産の賃料収入という不労所得に近い副収入源を...
不動産投資

新築区分マンション選びの必要情報が満載の物件カタログ読解術

新築区分マンションによる不動産投資を始める際に、注目したいものがあります。それは、物件カタログです。中古物件にはない新築ならではの情報源なので、これを活用しない手はありません。新築区分マンションを比較検討する際に、カタログのどこに注目すべ...
不動産投資

忙しい人ほど資産形成に新築マンションがおすすめな理由

老後資金の確保に向けた自助努力の必要性が叫ばれています。なんとなく将来に不安を抱えているものの、「忙しくてそこまで手が回らない」という人は多いでしょう。 新築マンションは、そういう人にこそおすすめできる資産形成の手段です。本稿ではその理由...
不動産投資

目標に合わせて投資を行う逆算の資産形成「ゴールベース・アプローチ」

老後資金の不安などから「資産形成をしたい」と考える人が増えていますが、実際には長期間の資産形成を継続できない人は少なくありません。原因として挙げられるのが「目標を定めずに投資を始めてしまうこと」です。こうした“やみくも投資”を防ぐには一体...
不動産投資

そろそろ生命保険……と思ったら投資用マンションを検討した方がいいワケ

マンション投資をはじめた理由として「生命保険機能」を挙げる方は多いです。なぜ不動産が生命保険代わりになるのでしょうか?ここでは、生命保険と比較した場合のコストパフォーマンス、実際にマンションを買う場合のポイントなどについて学んでいきます。...
不動産投資

不動産投資は何にお金がかかる?「初期費用」から「各種税金」を総まとめ

不動産投資をはじめるときには様々な初期費用がかかります。特に大きいのが「税金」です。税金は、マンションの購入時だけでなく、保有時や売却時にもかかります。この記事では、不動産投資にかかる費用や税金に関し、徹底的に解説します。 不動産投...
不動産投資

初心者のための不動産投資ハウツーと年収別投資戦略3例

「不動産投資が流行っているみたい、初心者だけど始めてみたいな」「不動産投資って初心者がやるには難しそうだけど実際どうなんだろう?」と考えている方が多いようです。 「不動産投資」とは不動産で利益を得ることを目的とした投資方法です。「投...
不動産投資

コロナ後の不動産投資では20~30代にチャンスが到来する

2020年は、新型コロナウイルスの感染拡大というパンデミックに震撼させられる経験から始まりました。社会や経済など私たちの当たり前だった生活様式にまでさまざまな影響を及ぼしています。こうした「有事」では、これまで見えにくかったものが見えてき...
不動産投資

不動産投資を始めた人が知っておくべき確定申告の計算と注意点を解説

不動産投資を始めた方にとって、最初の確定申告はハードルが高いものです。しかし、計算の仕組みを知っておけば、スムーズに手続きできるだけでなく、節税につながる場合もあります。今回は、所得計算を中心に不動産投資の確定申告についてお伝えします。 ...
不動産投資

Withコロナで生命保険を見直すなら資産形成もできる「不動産投資」を選択肢に

コロナ禍が続く中、先行きに不安を覚えて生命保険の加入・見直しを検討する人が増えています。そんなときに選択肢として考えたいのが「不動産投資」です。なぜなら物件を購入する際に団体信用生命保険に加入することで、それが生命保険代わりになるからです...
不動産投資

人生100年時代、不動産投資が生命保険や年金代わりになるって本当?

人生100年時代という言葉が現実味を帯びてきた今、公的年金だけでは老後生活を送れないのではと不安になっている人も多いことでしょう。そこで若い年代のうちから自助努力による資産形成が必要になってくるのですが、堅実な資産形成を目指すには、どのよ...
不動産投資

年金制度の歴史と今、年金不足分のカバーに最適な「マンション投資」

気になる人も多い「年金」ですが、日本の年金制度はどのようにして誕生したのでしょうか。2019年6月には「老後資金が2,000万円不足する」という問題が露呈され、改めて年金について考えるべき時代になっています。老後を安心して暮らすために年金...
不動産投資

祝・ローン完済!ところで抵当権抹消の手続きってどうするの?

不動産投資ローンの返済がやっと終わり「これからは家賃が入ってくるだけ」と喜ぶ前にやらなければならないことがあります。不動産に設定されている抵当権抹消の手続きです。完済したからといっても金融機関は自動で抵当権を抹消してくれるわけではありませ...
不動産投資

新型コロナ後の不動産投資 正解は守る投資?攻める投資?

新型コロナウイルス感染拡大は、個人投資家の心理に大きな影響を及ぼしています。ここではいくつかの投資家アンケートや金融機関のレポートを参考にしながら、2020年夏以降の投資活動(特にマンション投資)で「積極派と消極派のどちらを選択するべきか」...
不動産投資

新型コロナで世界経済が大混乱!それでも不動産投資は安泰だった

2020年にパンデミックを引き起こした新型コロナウイルスの影響で、世界経済は大混乱に陥りました。株式市場は2020年2月中旬~3月にかけて一時的に大きく暴落し「損失を被った投資家も多数いた」と推測されます。一方、収益物件に投資している不動産...
不動産投資

アフターコロナの不動産市場がマンション投資一択になる理由とは

新型コロナウイルスの影響によるテレワークの普及でオフィス需要が減退し、飲食店などの相次ぐ閉店でテナントビルの空室が増加傾向です。アフターコロナでもその傾向はしばらく続くと予想されることから、不動産市場で有望なのは投資用マンションのみになる可...
不動産投資

資産家による不動産投資の実態、資産家は本当に有利なのか

不動産投資はサラリーマンなど、多くの人に門戸が開かれていますが、かつてはそうではありませんでした。いわゆる資産家と呼ばれる人たちが取り組むものであり、「先祖代々の土地などがなければ縁がないもの」というのは、多くの人が抱いてきたイメージではな...
不動産投資

大都市圏マンション価格はまだ伸びる、これだけの理由

一般社団法人不動産協会が発表した2019年9月のマンション供給動向調査によると、首都圏・近畿圏・中部圏の3大都市圏のマンション坪単価は大幅な伸びを示しています。データから分かった大都市圏不動産価格がまだ伸びる理由には一体どんなものがあるので...
不動産投資

新築物件投資で知っておきたい、新築プレミアムとは?

不動産投資に取り組む場合、区分マンションや1棟マンション、戸建てなど様々な投資対象と種類がありますが、1つの大きな「括り」として新築と中古の違いがあります。その中で、新築物件投資には避けて通ることのできない「新築プレミアム」という概念があり...
不動産投資

新築ワンルームマンション投資の否定論に対する反論と成功術7カ条

新築ワンルームマンション投資は、不動産投資の中でもメジャーな分野です。しかし、ネットの記事や書店で売っている不動産投資関連書籍などを見ると、「やめておいた方がよい」といった論調のネガティブな情報が多いことにお気づきの方も多いことと思います...
不動産投資

高すぎる中古マンションに注意!なぜ三為業者は「三為契約」を使うのか

不動産を売買する際、特殊な契約を交わすことがあります。その中で転売業者によく使われるのが「第三者の為にする契約」です。似たような取引は他の契約形態でもできますが、転売業者はあえて使おうとしません。その理由を知ると、初心者が中古物件に手を出す...
不動産投資

再建築不可物件投資がアツいと言われる理由、なぜ訳あり物件なのに魅力的なのか

投資目的で格安の不動産物件を探していると、「再建築不可」という注意書きを見つけることがあります。再建築不可とは文字通り、そこにある建物を取り壊して建物を新築することも、すでに更地になっている場合でも新たに建物を建てられない土地のことです。 ...
不動産投資

医師は不動産投資の失敗が多いって本当?高属性の人ほど要注意!

「医師」は簡単になることができない職業であり、高収入というイメージがあります。安定的に高い収入があるということはローンを借りる際にも有利なので、不動産投資において医師は有利な職業といえるでしょう。 ところが、有利な属性の医師が不動産投資に...
不動産投資

不動産投資の節税メリットに欠かせない「減価償却・耐用年数・損益通算」をわかりやすく

不動産投資をはじめるには、「税金の基本を理解していること」がマストです。そのために外せない3つのキーワードが「減価償却・耐用年数・損益通算」。これらについてはネット上で数多くの解説がされていますが、難しい内容がほとんどです。ここではわかりや...
不動産投資

先行きが見えない世界経済 「金×不動産」実物資産への投資で防御力アップ

混迷する世界経済の影響で、安全性が高いといわれる実物資産への注目が高まっています。実物資産の代表といえば金や不動産です。しかし両者は性格が大きく異なっているため、うまく組み合わせるとメリットがあります。 実物資産は価値がゼロになるリスクが低...
税金

副業の確定申告の要・不要は年間所得20万が境界線!稼ぎたい会社員の常識!

今や企業の正社員でも副業を始めないと将来に不安を覚えてしまう時代となりました。国が副業を促すような政策を打ち出している現状もあるなか、会社員が副業で所得を増やすことが当たり前になる日は近いかもしれません。そこで今回は副業で確定申告をしなければならないケース・確定申告しなくてもいいケースについてわかりやすく解説します。
税金

サラリーマンでも計上可能な経費とは?特定支出控除の現実と真の節税対策

サラリーマンであっても、「必要経費を計上して節税することができれば助かる」と考える人は少なくないでしょう。今回はサラリーマンに経費の計上は可能なのかどうかを解説します。サラリーマンの経費を語るうえで欠かせない「特定支出控除」の現状についてもわかりやすい言葉で解説しますので、ぜひ参考にしてください。
税金

サラリーマンの節税術。医療費控除は“家族の”入院費・通院費・薬代も対象になる

医療費をほとんど使っていないから医療費控除は関係ない……こんな風に感じる方もいるかもしれません。しかし、医療費控除はご自身の分だけでなく(同じ生計で暮らす)子供や老齢の親など親族のために払った分も含まれます。家族みんなの医療費を合算すれば...
税金

認知症に対応するための家族信託の基本的考え方

日本の高齢化に伴い、認知症になる確率は年々増加の一途をたどっています。内閣府が発表した、平成29年版高齢社会白書によると、高齢者の新体力テストの結果は、年々向上していますが、それと同じく認知症を発症している人の数も増えています。例えば、2...
税金

確定申告しなくて大丈夫?副業の年間所得が20万円以下だったケース

老後の備えには自助努力が必要です。ビジネスパーソンの中には、投資や副業など給与所得以外の収入がある人もいるでしょう。その副業や投資で得た所得に対して、しっかりと確定申告をしていますか?「年間所得が20万円を超えてないのでしていない」という...
税金

副業をしている会社員で確定申告が必要な人は?実際の申告のやり方も解説

同じサラリーマンをしながら副業をしている人でも「確定申告が必要な人」と「不要な人」の2つのタイプに分かれます。具体的に2つのタイプにはどのような違いがあるのでしょうか。今回は副業で確定申告が必要な人と不要な人のボーダーラインと会社員がはじ...
税金

サラリーマンでも節税のために経費計上できる 資格取得の費用、本や雑誌の購入費、お客様との飲み代…

自営業者などの事業主の場合、例えば顧客との商談で利用した飲食代や雑費なども含めて、事業に関わるものは基本的に経費となります。給与所得者であるサラリーマン(会社員)のなかには、「サラリーマンには経費の自由度がなく不公平だ」と感じている方もい...
税金

ワンルームマンションが相続対策に適している5つの理由

2015年の相続税改正により、課税対象となる人が大幅に増えました。もはや相続税は富裕層だけに関係する税金ではありません。そこで考えておきたいのが相続税対策です。特に、ワンルームマンションを使った相続税対策には、多くのメリットがあることをご存...
税金

投資用不動産の売却時にかかる税額を知り、売るタイミングを見極める

不動産投資では、購入時や保有期間だけでなく売却時にも税金がかかります。どれくらい税金がかかるかを把握していなければ、実際に売却した後に驚くことになるかもしれません。手元に残る現金を最大化するためにも、売却時の税金について知っておきましょう。...
税金

賃貸経営をすると相続対策になる3つの理由

数千万円クラス、さらには億単位の資産を保有している方にとって、将来予想される相続は避けて通れない問題です。2015年の相続税改正では基礎控除が下記のように改正されました。 改正前:5,000万円+(1,000万円×法定相続人数) 改正後:...
税金

平成の30年間で税などの負担はどれだけ増加した?ビジネスマンも節税意識が必要な時代

この記事内でくわしく解説していますが、平成の30年間で税と社会保険料の負担は非常に重くなりました。今後、さらなる負担増が予想され「節約」だけでは限界があると言わざるをえません。負担増を生き抜くには「節約」に加えて「節税」意識が必要です。ビジ...
税金

サラリーマンも使いやすくなった「ふるさと納税」 税金が控除されるメリットを徹底解説

ふるさと納税がサラリーマンにとって利用しやすい仕組みに生まれ変わり、利用数が急増しています。なぜなら、これまで必要だった確定申告が不要になったからです。また、返礼品にスポットがあたることの多いふるさと納税ですが、所得税・住民税の控除できるこ...
税金

節税重視のマンション経営者が「5戸10室」にこだわるのはなぜか?

不動産投資の目的はさまざまですが、「所得税・住民税の節税をしたい」という方も多いでしょう。マンション経営による節税対策は、所有する部屋数が一定規模を超えると一気に有利になります。ここでは、「どれくらいの部屋数がボーダーラインなのか」「どんな...
税金

相続税の高い節税効果で知られる相続時精算課税制度とは?

相続の発生が見込まれる方にとって、相続対策は重要な問題です。とかく税率が高いというイメージが強く、「何も相続対策をしなければ、高額の相続税で資産が大きく目減りしてしまう」と感じる方も多いでしょう。 そこで検討に値するのが、生前贈与を活用し...
税金

まずはこれだけは押さえよう!「損益通算」の仕組み

投資における節税の重要なキーワードである損益通算(そんえきつうさん)。これを完全に理解すれば、所得税の節税を意識しながら賢く投資することができます。自営業者やフリーランスはもちろん、不動産事業をしているサラリーマンも活用できる仕組みです。 ...
税金

不動産投資に欠かせない、減価償却の経理処理を探る

不動産投資のオーナーの方々は、一つの会社を経営するくらいの考えで物件の財務について考えていくことが大切です。財務諸表の中で絶対に欠かせないものは、「税務用損益計算書」と「キャッシュフロー表」です。この2つの表なしで、不動産投資を行うのは、海...
税金

区分所有物件を使った相続税対策

相続税は、2015年1月から基礎控除額が下がり増税となりました。そのため、さまざまな方法を使っての相続税対策が紹介されています。その中でも現預金を不動産に変えることで、評価減を使った相続税圧縮策がよく紹介されています。ここでは、その中でも区...