資産運用

資産運用

資産運用で結果を出したいなら、本業の労働に集中すべき理由

世界的なベストセラー「21世紀の資本」(みすず書房)が発売されてから約8年。トマ・ピケティが提唱した「所得成長率<資本収益率」という考え方が広がり、「労働=むくわれない」「資産運用=効率がよい」という意見も目立つようになりました。しかし、...
資産運用

日本人の平均生涯所得とは?人生100年時代にお金を増やすためにできること

いつのまにか人生100年時代などといわれるようになった現代ですが、会社員にとって不安なのは、いつまで働かなければならないのかということではないでしょうか?また、生涯どれくらいの所得を稼げば老後安心して暮らしていけるのかも知っておきたいところです。今回は日本人の平均生涯所得とお金の増やし方について解説します。資産運用の重要性が身にしみる昨今です。ぜひ参考にしてください。
資産運用

「老後に2,000万円」は本当に必要?あなたがとるべき対策は

「定年までにいくら貯めたいですか?」こう聞かれて、すぐに答えられる人は少ないでしょう。老後の生活に必要な貯金額を知れば、より安心できる人生計画が立てられますが、そのためにはちょっとした計算が必要です。正しい老後資金の考え方を身に付けましょ...
資産運用

「100年人生が当たり前」の時代に突入。老後生活の常識はどう変わる?

書籍・CM・イベントなど、さまざまなシーンで「人生100年時代」のキーワードに出会う機会が多くなりました。「人生100年時代」が時代を読み解くキーワードとして注目されたのは、『LIFE SHIFT』という一冊の本がきっかけ。この本で示され...
資産運用

資産形成や投資で失敗してつくった借金 夫や妻に返済義務はどこまである?

連帯保証人になっている場合を除き、配偶者の借金を返済する義務はいりません。このことを理解していれば、夫婦のダブル口座で資産形成・投資することがリスク回避になることがわかります。詳しく解説していきます。 老後のための資産形成で資産を減...
資産運用

人生100年時代のデキュミュレーション

人生100年時代といわれ始め、さらにいわゆる「老後2,000万円不足」問題が金融庁ワーキンググループから発表されました。これをきっかけに多くの国民が資産運用の重要性に気づき、ようやくNISA口座開設などに動き始めました。では人生100年時...
資産運用

お金の置き場所を3つ!資産運用の基本的分類の仕方

「老後に2,000万円が不足する」という金融庁ワーキンググループの報告書によって、資産運用に対する関心が一気に高まったようです。子どもの教育資金や住宅資金、そして安心して余生を過ごすための老後資金といったお金を貯めるためには、いろいろな方...
資産運用

「豊かな老後」を実現するための不動産投資

年金財政が逼迫、将来的には年金支給額が減少するのではないかといわれています。現在でも決して十分とはいえない状況の中、今後は公的年金だけではとても老後の生活を支えることはできません。それだけに現役のうちから、自助努力によって私的年金を確保し...
資産運用

確定拠出年金加入者の離職・転職に伴うポータビリティとは

2019年から「老後生活資金が2,000万円不足する」といった問題が浮上し、政争の具として扱われています。老後の生活資金は、各世帯のライフスタイルによってまちまちです。そのため、2,000万円という数字が独り歩きしてしまった感は拭えないで...
資産運用

企業型・個人型確定拠出年金の違いとは

公的年金を補完する手段として、確定拠出年金が注目されています。公的年金だけで人生100年時代を過ごすには心もとないこと、確定拠出年金を使って税制上のメリットを最大限生かせること、長期積立に適していることなどが、その理由です。 しかし...
資産運用

公務員こそ資産形成を積極的にするべき理由

日本人は世界でもトップクラスの長寿ですが、近年さらに最高齢を更新し続けています。2017年の平均寿命は、女性87.26歳、男性81.09歳。この平均寿命は今後も延びる見通しです。人生100年時代の到来は人生を長く謳歌できる一方、定年が早い...
資産運用

お金持ちの考え方に学ぶ 借金をしてリターンを得る資産運用とは?

お金持ちであれば手元キャッシュをたくさん持っている……そんなイメージは強くありませんか。しかし実際には「手元キャッシュを置かない」「積極的に借金をする」ことを主義とするお金持ちもいます。そこで今回はお金持ちが手元現金をあまり持たず積極的に...
資産運用

投資と投機の違いとは?安心できる資産運用ってあるの?

資産運用に関心はあるが、失敗が怖い……。「人生100年時代」「足りない老後資金」「貯蓄から投資へ」など、世の中ではお金についての不安をあおる言葉が飛び交っています。給料や年金だけに頼らない収入を得ることの重要性は、これからさらに増していく...
資産運用

20~40代の資産形成層にぴったりな金融資産の増やし方

20~40代は、就職、結婚、子育てなど人生のビッグイベントに直面する世代と言えます。しかし、従来の20代前半で学ぶ期間が終わり、40年間働き、60~65歳で定年を迎え、老後生活を過ごすといった3つに区切られた生活パターンばかりではありませ...
資産運用

そろそろ生命保険……と思ったら投資用マンションを検討した方がいいワケ

マンション投資をはじめた理由として「生命保険機能」を挙げる方は多いです。なぜ不動産が生命保険代わりになるのでしょうか?ここでは、生命保険と比較した場合のコストパフォーマンス、実際にマンションを買う場合のポイントなどについて学んでいきます。...
資産運用

年金に不安を感じているなら覚えておきたい「マクロ経済スライド」

「将来、公的年金だけでは心配だ」「年金制度が崩壊するのではないか」など不安を感じているビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。しかし現実は公的年金を持続可能なものにするための取り組みが国主導で進められています。そのうちの一つが「マクロ...
資産運用

投資の世界の経験則、「アノマリー」を知って相場予測の精度を上げる

株式やFXなど値動きによる利益(キャピタルゲイン)を狙う投資には、主に「テクニカル(チャート)分析」「ファンダメンタル分析」という2つの分析手法があります。これらに加えて「アノマリー」という分析手法があることをご存じでしょうか。実はこのア...
資産運用

ビル・ゲイツも注目!「無形資産」を知ると株投資がしやすくなる

ビル・ゲイツ氏は、感染症のパンデミック(世界的大流行)を2015年の段階で警告していたことで、その“先見の明”が再評価されています。そんな彼が「世界経済最大のトレンド」と表現したのが「無形資産」です。本記事では、無形資産とは具体的に何かを...
資産運用

長期投資ができる人とできない人がいるのはなぜ?

資産運用のスタイルをひとつの商品への投資から終了までの期間によって分けた際、長期投資と短期投資に区別して考えることができます。資産を形成するという観点から見たら、有利なのは前者のほうといえるかもしれません。しかし、後者のスタンスで爆発的に...
資産運用

日本人の平均的な生涯所得、生涯支出と資産運用が重要な理由

ロンドン大学のリンダ・グラットン教授による、人生100年時代の生き方を指南する「ライフシフト」が大きな話題を呼んだのは記憶に新しいかもしれません。今までの20歳代前半までの教育期間、その後の20中盤~60歳までの働く期間、そしてその後年金...
資産運用

年金制度の歴史と今、年金不足分のカバーに最適な「マンション投資」

気になる人も多い「年金」ですが、日本の年金制度はどのようにして誕生したのでしょうか。2019年6月には「老後資金が2,000万円不足する」という問題が露呈され、改めて年金について考えるべき時代になっています。老後を安心して暮らすために年金...
資産運用

社会的利益と金銭的リターンの両立を目指す「インパクト投資」の基本と展望

2020年2月中旬~3月中旬にかけて世界の株式市場は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い「コロナショック」に見舞われ、社会や経済に多大なダメージをもたらしました。新習慣を余儀なくされている中で投資に対する考え方にも変化が起きています。投資と...
資産運用

コロナ禍で開設殺到のNISA みんなは実際にどう使っている?

新型コロナウイルスのまん延によって将来的な不安を感じたことで、資産運用を本気で考える人が急増傾向です。投資先の選択肢の一つがNISA(少額投資非課税制度)で、ネット証券を中心に口座開設者が殺到しています。そこで今回はNISAの勢いを数字で確...
資産運用

予算内で分散投資ができる「テーマ株投資」はメリットが多くコスパも良い

リスクの少ない資産運用の基本は「分散投資」です。良く言われる例えが、「卵は一つのカゴに盛るな」です。卵を一つのカゴに入れておくとカゴを落としたら全てが割れてしまうが、いくつかのカゴに分けておけばすべての卵を割ってしまうことは避けられるという...
資産運用

会社員が働けなくなったときに役立つのはどちら?就業不能保険VS不動産投資

働けなくなったときの家計に不安があるなら、元気なうちにそれをカバーする手を打っておくと安心です。選択肢としては就業不能保険と不動産投資があります。今回は両者の特徴・共通点・違いについて解説していきます。 働けなくなったとき、障害年金だけでは...
資産運用

一度は要確しておこう!拡充する団体信用生命保険の保険範囲

一般的に、住宅ローンを組む場合は団体信用生命保険(以下、団信)に加入します。保険金が支払われる条件は基本的に死亡や所定の高度障害ですが、がんや三大疾病などまでカバーするものも増えています。あらためて、団信の商品内容と保障範囲を見ていきましょ...
資産運用

老後資金の平均は5,304万円以上?足りないと思った方が不安を解消する方法

「老後資金はいったいいくらあれば安泰なのか?」 これらは多くの方が漠然と抱いている疑問であり、不安ではないでしょうか。2019年6月に提出された金融庁の諮問機関による報告書には「老後資金が2,000万円不足する」と記載されていたことが衝撃...
資産運用

ビジネスマンが定年前後に考えるべき不動産の小型化

賃貸派か、持ち家派かは、いささか旧聞に属する議論ですが、ライフプラン作成においては、とても重要です。筆者はFPとして、これまでたくさんクライアントのライフプランを作成してきましたが、老後のキャッシュ・バーン、すなわち老後資金がなくなるタイミ...
資産運用

何から投資を始めるか?株式投資と投資信託 手間とコストとリターン等を紹介

投資に興味はあるけれど、なかなか第1歩が踏み出せない……そんな方に理由を聞くと以下のような答えが返ってくるようです。 1.難しくてよくわからないから 2.預金と違って、損をするかもしれないから 3.お金を持っている人がやることだから 1...
資産運用

若いビジネスマンの〇割が投資をしている時代。まだ投資をしていないの?

投資をはじめたいけど、きっかけがつかめない……そんな若い世代のための記事です。ビジネスマンを対象にした調査では、20代、30代の多くがすでに投資をしているという結果になりました。加えて、投資には「早くはじめるほど有利になる」という側面もあり...