不動産投資

少額でも高利回りで不動産に投資できる REIT(リート)の魅力とは

不動産に投資しようとすれば、例えば都心部と比較し手ごろな価格帯で、かつ人気のある東京東部(台東区・墨田区)に限っても築10年以内の物件では2,000万円近くします。分散投資を考慮すれば決して少なくない数千万円以上の融資を含む資金確保が必須と...
不動産投資

不動産投資をスタートする「理想の年齢」を定義する

投資は早くはじめるほど有利、という言葉をよく聞きます。具体的に不動産投資の場合は、何歳頃からスタートするのが理想なのでしょうか。リタイアする年齢(定年年齢)と返済期間にもとづいて、理想のスタート年齢を考えてみましょう。 リタイアする年齢、イ...
資産運用

若いビジネスマンの〇割が投資をしている時代。まだ投資をしていないの?

投資をはじめたいけど、きっかけがつかめない……そんな若い世代のための記事です。ビジネスマンを対象にした調査では、20代、30代の多くがすでに投資をしているという結果になりました。加えて、投資には「早くはじめるほど有利になる」という側面もあり...
不動産投資

不動産投資と他の資産運用の利回りを比較!?

ここでは、不動産投資とさまざまな資産運用の利回りを比較してみます。具体的に取り上げるのは、株式・投資信託・預貯金・国債などですが、それぞれの特徴を踏まえた上で、どのような考え方でポートフォリオを作成するのが理想かを解説します。 不動産投資...
不動産投資

超低金利だからこそ実質負担なしで資産を形成できる

ワンルームマンション投資は、金融機関から事業用資金を借りることができます。現在は超低金利が続いているので、融資の返済負担も小さく、賃料収入でローン返済額の多くをカバーすることができます。実質的に持ち出しなし、又は少ない持ち出しでワンルームマ...
マーケット

同じ大都市圏でも駅からの徒歩時間で資産価値はこんなに違う

2018年度は全国的に地価の上昇が話題になっていますが、実は全国すべてのエリアで地価が上がっているわけではありません。エリアによる格差は引き続き小さくなく、不動産投資を考えるときには、地価上昇、資産価値が期待できそうなエリア(又は極端に下が...
不動産投資

不動産投資で重要なエリア選定。日本全体の人口や世帯が減っても東京では堅調な見通し

人口減少が始まり、やがて総世帯数も減り始める一方、総住宅数が総世帯数を大きく上回り空家が増えています。そんな日本だけに賃貸住宅のニーズは縮小、不動産投資のうまみはなくなるのではないかという見方もあるようですが、実はそんなことはありません。場...
税金

不動産投資に欠かせない、減価償却の経理処理を探る

不動産投資のオーナーの方々は、一つの会社を経営するくらいの考えで物件の財務について考えていくことが大切です。財務諸表の中で絶対に欠かせないものは、「税務用損益計算書」と「キャッシュフロー表」です。この2つの表なしで、不動産投資を行うのは、海...
不動産投資

地方か都心か。取れるリスクと資産価値による投資戦略とは

投資対象としての不動産を考える際、まず考えることが、「どのような物件を買うか」ということではないでしょうか。投資対象として、「マンションの区分所有か」「木造・RCの一棟物か」、その立地として、「地方物件か」「都心の物件か」ということが重要な...
不動産投資

不動産投資におけるレバレッジとは?資産拡大はROIがカギ

資産形成では、種類の違う運用や投資を組み合わせたリスク分散がセオリーです。一方、投資家の中には、不動産に特化して投資を行う人もいます。彼らが感じているメリットを具体的に解説します。 レバレッジを効かせた投資こそ不動産投資の特徴 一般的によく...
税金

区分所有物件を使った相続税対策

相続税は、2015年1月から基礎控除額が下がり増税となりました。そのため、さまざまな方法を使っての相続税対策が紹介されています。その中でも現預金を不動産に変えることで、評価減を使った相続税圧縮策がよく紹介されています。ここでは、その中でも区...
不動産投資

不動産投資の「審査厳格化」でサラリーマン投資家はどうなる?

一部の金融機関や不動産会社の不祥事によって、サラリーマンの不動産投資家がローンを組みにくくなったといわれます。「かぼちゃの馬車事件」で世間を騒がせたスルガ銀行のみならず、大手銀行でも不正資料による不動産投資への融資が行われていた事実が明らか...
資産運用

メリットの多いNISAですが、デメリットもきちんと理解しておこう

株式や投資信託で得た譲渡益・配当金・分配金が非課税になるNISA。2018年からはコツコツ型の投資家に向いているといわれる「つみたてNISA」がスタートし脚光を浴びています。話題性が高いNISAですが、メディアで取り上げられるときはメリット...
マーケット

2030年、世界における東京都市部の価値、優位性は?

国連は、毎年世界の人口動態について「世界都市人口予測」というレポートで発表しており、2018年度は5月16日に18年度版として公表されました。最新の18年度版によると、1950年代には30%(7.51億人)にも及ばなかった都市人口の割合は、...