2020.4.7
マーケット情報

2020年に再開発が完了する劇場都市池袋に注目

(画像=picture cells/Shutterstock.com)
(画像=picture cells/Shutterstock.com)
東京の各地では大規模な再開発事業が行われ、大きく変貌しようとしています。その中で2020年にいち早く開発が完了し注目が高まるのが池袋です。「劇場都市を目指す」とする再開発事業の全貌とは、どのようなものでしょうか?

今回は2020年に再開発が完了する池袋の全貌や不動産投資の可能性について解説します。

再開発事業が目白押しの東京

2021年に延期となりましたが、東京五輪・パラリンピックの開催でピークを迎えるといわれていた東京の不動産市場。ところが各地で大規模な再開発が相次ぎ、むしろ“百花繚乱”の様相を呈しています。渋谷、池袋などの代表的な繁華街から神宮外苑、晴海、虎ノ門まで、長期間にわたって地区ごとに大きく生まれ変わろうとしています。

これらの地区では、話題を集める再開発ビルが次々と開業する予定です。オープンすれば開業景気もあり多くの来場者が見込めるでしょう。

また再開発によってビルも大規模化するため、そこで働く労働人口も増えることになります。周辺のアパートやマンション、オフィスは有望な投資先になりえるでしょう。

2020年には、再開発地区の先陣を切って池袋地区の再開発が完了を迎えます。

2020年に開発完了の池袋に注目

池袋は、東京都内の再開発計画の中でもテーマ性がはっきりしていることで注目されます。豊島区が2015年に「豊島区国際アート・カルチャー都市構想」を策定し新しい街づくりをスタートさせました。

豊島区はもともと文化の香りが強い地区で、手塚治虫や藤子不二雄など多くの著名な漫画家が住んでいたことで知られる「トキワ荘」があったことはあまりにも有名です。

池袋のランドマーク「サンシャインシティ」には劇場、水族館、博物館があり、かつてはサンシャイン通りが映画街だったこともあります。また「東京芸術劇場」のような大劇場から前衛芸術家向けの小劇場、ライブハウスまでさまざまな芸術表現の場が点在しています。

豊島区が他地区と差別化を図るために国際アート・カルチャー都市を目指したのは当然の帰結といってよいでしょう。

劇場都市を目指す池袋再開発事業の全貌

池袋再開発事業は、2020年夏でほぼ完了の予定です。街づくりのコンセプトは「まち全体が舞台の誰もが主役になれる劇場都市」で、2019年中に先行開業している施設もあります。

劇場都市の核になる施設が「Hareza(ハレザ)池袋」です。「新ホール棟」「としま区民センター」「オフィス棟」の3棟で構成され、そこに8つのホール・劇場・映画館がオープンします。
 
池袋は公園も充実しており、2019年11月16日には池袋西口公園が「劇場型公園」に生まれ変わりました。東京芸術劇場のならびに野外ステージが設けられ、さまざまな文化活動が行われる予定です。

「中池袋公園」や「南池袋公園」もアニメや演劇などの施設が周辺にあり、愛好家の憩いの場となっています。これらの公園を中心に巡回するコミュニティバス「IKE BUS」を利用して、池袋駅周辺を回遊できるのも便利です。

さらに、再開発事業完了に合わせるように石田衣良の人気小説『池袋ウエストゲートパーク』が2020年7月にTVアニメが放送開始されることになり、今後池袋への注目が一段と高まりそうです。

不動産投資としての池袋の可能性は?

ここまで街のテーマ性がはっきりしていれば店舗の出店戦略も立てやすいでしょう。昼間人口が約42万人(2015年国勢調査より豊島区集計)ともいわれる滞在者のうち音楽、演劇、映画、アニメなどアート・カルチャーに興味を持って訪れる人はかなりの比率になるのではないでしょうか。

これらの愛好家やマニアの来店が見込める店舗を出店すれば、口コミやSNSで店の存在を広めてくれる可能性があります。「音楽グッズ専門店」「アートカフェ」「アニメショップ」など店舗のジャンルや切り口は豊富にあるでしょう。

また、池袋はアパート、マンションなど居住用の不動産投資としても有力な地区です。JR東日本の調査によると2018年度の池袋駅の1日平均乗降客数は56万6,994人でした。新宿に次ぐ第2位にランクされています。

一方ライフルホームズの「2020年 LIFULL HOME'S住みたい街ランキング 首都圏版」によると、池袋が「借りて住みたい街」ランキングの1位です。池袋駅の交通アクセスの良さがその理由とされています。さらに生活もしやすいということで、4年連続1位となっている人気の街なのです。

これから不動産を持ちたい人は「まち全体が舞台の誰もが主役になれる劇場都市」の一員になって文化事業に貢献してみるのも有意義ではないでしょうか。

>>【無料小冊子】「不動産投資スタートアップ」バイブル
 

【オススメ記事】
2019年不動産マーケットを3つのキーワードで読み解く
2030年、世界における東京都市部の価値、優位性は?
2019年、投資用マンション購入は見送るべきか?高騰する物件価格
将来、日本の空き家はどのくらい増えるのか
2019年以降の社会的イベントと賃貸経営にまつわるポイント

NEXT ビジネスパーソンができる、デジタルタイムマネージメント【その2】
PREV ビジネスパーソンができるデジタルタイムマネージメント【その1】

関連記事Related Stories

公式Twitterアカウント