ガン保険を賢く節約

ガン保険を賢く節約

本書は、統計データを知ることでガンについて正しく理解し、ガン保険を賢く節約するための方法をお伝えするものです。

現在、日本人の約2人に1人がガンになると言われていますが、ガンを患うとすぐに死亡してしまう、という時代ではなくなってきました。医療の進歩やガン検診の普及により、ガンは治る病気になってきたのです。

しかしながら、ガンを治療しながら働き続けるのはそう簡単なことではなく、治療費の支払いに耐えられない場合が少なくありません。
だからこそ、自分や自分の大切な家族がガンを患ったときのために、賢くそなえておくことが大切です。

日本にはガンとの闘病のために役立つ公的制度がありますが、あなたはいくつご存知でしょうか?本書では、わたしたちを助けてくれる公的制度はもちろん、不動産を活用して効果的にガンにそなえられるがん団信についても解説します。

本書が、あなたがガンへの賢い対策を知り、安心して日々を送るための一助になれば幸いです。

目次
・一生涯のうちにがんと診断される人の割合
・がんで死亡する確率
・がんと診断されてからの生存率
・がんによる世帯収入への影響
・がん罹患後の就労継続意向について
・治療と仕事を両立する上で困難であったこと
・公的制度の利用状況について
・がん闘病中に役立つ制度
・がん団信をご存知ですか?

公式Twitterアカウント